お仕事解説

スーパーのお仕事

地域密着!生活快適品のプレゼンテーター

スーパーのお仕事とは

日常生活において欠かせない存在のスーパーマーケット。私たちの生活や地域に多大な影響を与えている業種です。
その店舗の中にはたくさんの仕事や部門があり、それぞれが集約されて一つの店舗を営んでいます。

このコーナーではスーパーマーケットで働きたい方々のために各部門の業務に目を向けて解説していきます。

レジ部門

レジスターを使用した精算部門を担当します。精算業務(入力・金銭授受・レシート発行など)・ポイントカードやサービス業務・入出金額確認など行います。
お客様と接する時間が一番長い業務ですので、挨拶・お辞儀・笑顔・言葉遣いなどの接客マナーが重要となります。

またお客様からの質問や要望に対応する機会もありますので、早めに商品知識を補うことも必要でしょう。接客マナーや対応力などが身に付きます。

水産・鮮魚部門

商品の仕入れ・商品加工(お刺身・煮物・焼き魚・フライ・お寿司など)・商品パック・品出し・商品陳列・商品補充・売り場づくり・計画立案・接客・清掃など行います。
仕事をするにつれて、数ある鮮魚の名前や商品名を把握していくと良いでしょう。
仕入れや受発注の技術や商品加工の技術を身に付けることができます。

精肉部門

精肉商品の仕入れ・加工(切り身・ミンチなど)・パック・品出し・陳列・売り場作り・計画立案・接客・清掃など行います。
商品知識や予備知識などが必要となります。
仕入れや受発注の技術や商品加工の技術を身に付けることができます。

青果部門

野菜や果物の青果を担当します。商品の仕入れ・加工(袋詰め・野菜のカットなど)・パック・陳列・補充・売り場作り・試食販売・計画立案・接客・清掃など行います。
スーパーマーケットの入り口で最初に目に入ってくるコーナーですので、売り場づくりも重要な要素になるでしょう。
受発注の技術や商品に対する目利きを身に付けることができます。

惣菜部門

お惣菜販売の部門を担当します。商品製造(各種お惣菜の製造)・パック・陳列・補充・売り場作り・新商品開発・試食販売・計画立案・接客・清掃など行います。それぞれのスーパーマーケットならではの特色を出すことのできるコーナーです。味はもちろん、それぞれの特色が重要となります。清潔感、調理技術などが必要になります。
素材の調理法や調理技術などを身に付けることができます。

グロサリー部門

一般加工食品・お菓子・日用雑貨などを担当します。商品の仕入れ・陳列・補充・売り場作り・試食販売・計画立案・接客・清掃など行います。商品の陳列や補充に細心の注意を払うなど細やかな気配りが重要です。
商品知識や売り場レイアウト知識などを身に付けることができます。

日配部門

比較的賞味期限が早いもの又は加工された商品(豆腐・卵・パン・練り製品・漬物類・牛乳類など)を担当します。
商品の仕入れ・陳列・補充・売り場作り・試食販売・計画立案・接客・清掃など行います。需要や回転率の高い商品ですので、陳列や補充に目を配るなどの細やかな気配りが必要となります。
受発注技術や商品知識などを身に付けることができます。

必要とされる能力

職場や部門内を円滑にする挨拶などのコミュニケーションや接客に必要とされる明るさや元気が必要となります。そして各部門間で必要とされる能力を身に付ければもっと活躍の場が広がります。

各スーパーマーケットの規模・雇用形態(管理職・一般社員・パート・アルバイト・学生アルバイト)・部門などにより、求められる能力には当然違いがあります。まずは「お店の雰囲気を感じる」「作業風景を見る」「知人や知り合いから情報を集める」「問い合わせしてみる」などを行ってみてはどうでしょうか。


お仕事解説