何を聞かれる?どう答える?

面接の質問は「正解」を求める試験ではありません。質問の内容や意図をしっかり理解し、自分なりの言葉で答えましょう。よくでる質問は、自己PRに繋げることができるようにしっかりと繰り返し練習します。

  • Q 「どうして、前の会社を辞めたのですか?」

    中途採用では必ずといってもいいほど聞かれる質問です。
    「仕事が自分に合わなかったから」「人間関係がうまく行かなかったから」といった消極的な回答は避けるようにします。

    ネガティブな理由では、人事担当者がまた同じ理由で会社を辞めるのではないかと不安を感じてしまいます。ですから、「新しい職種にチャレンジしたかったから」「違う環境で自分の実力を試してみたかったから」といった積極的な理由を述べるようにします。

  • Q 「当社に応募した理由は何ですか?」

    志望動機を尋ねる場合、これから社会に出てくる新卒者の場合は、本人の仕事に対する意欲を図るためだと考えられます。その上で、適材適所の配置を考えていくことが多いようです。

    一方、中途採用者に対しては、人事担当者はあらかじめどういった人材が要求されているのかすでに構想を持っています。即戦力となる人材でなくてはなりません。
    自分のそれまでの経歴や実績をふまえて、志望先に何で貢献できるのか、その環境で何をしたいのかを具体的にアピールするようにします。
    御社の将来性に期待したから、自宅から近いから、待遇が良いからだけでは、中途採用者の志望動機としては少し弱いといえるでしょう。

  • Q 「他の会社も受けているのですか」

    他社も受けてる場合であれば、「この業界で働きたいと考えていますので、御社と同じ商品分野を取り扱う会社に応募いたしております。できれば御社で微力ながら貢献させていただきたいと存じますので、もし内定をいただけました際には、その会社は辞退させていただく予定です。」と面接先企業が第一志望であることを積極的に伝えましょう。
    また、一社のみの応募の場合は、他社を受けない理由も説明するとより説得力があります。

  • Q 「あなたの長所、短所について教えてください」

    自分を客観的に分析する力をチェックするとともに、答え方から積極性や意欲などを総合的に知ろうとする質問です。
    まじめ、努力家といった紋切り型の表現ではなく、具体的なエピソードを交えて説明すると、印象もぐっとアップします。ただし、長話しは禁物です。

    また、例えば「私の短所は、周囲のことが気になって何にでも首を突っ込みたがることだと思います。しかし、そのことは見方を変えると、プラス思考でどんな物事にも対処できる長所にもなるのだと考えています。以前の職場でもトラブル処理係を担当し、人間としても成長できたと思います。」といったように、短所であっても別の側面から見ると長所になりうることをアピールすることも有効です。
    致命的な短所とならない説明をするようにしましょう。

    「〜という点を直そうと思っています。」と加えると前向きな心構えが伝わります。
    短所から初めて、長所で締めくくることも、印象をアップさせることのできるテクニックです。

  • Q 「最後に、何か聞きたいことはありませんか?」

    この質問を形式的なものとして片付けてしまわないようにしましょう。あなたは今、採否のボーダーライン上にいるのかもしれません。
    迷っている人事担当者が最後のチャンスとして与えてくれた質問なのかもしれません。その質問に対して、「特にありません。」と答えてしまったのでは、志望に対する熱意を疑われかねません。

    志望先企業をどんなに事前に調べたとしても、実際は知らないことばかりなのですから、自然と質問は出てくるはずです。できれば、自分のやりたい業務に関連する内容や、面接中聞きそびれたこと、説明の中でさらに詳しく知りたいことを質問し、あなたの真剣さを伝えるようにしましょう。

アピール例

  • コミュニケーション力、協調性
  • 志望先や仕事への熱意
  • 実務経験や得意業務などの実績
  • 専門知識・技術・技能

Check Point

よくでる質問に関しては、20〜30秒で話すことのできる自己PR トークを準備して、熱意や意欲、技能や適性を裏付ける具体的な実績・経験・資格・エピソードを添えて説明しましょう。


ザウルスチェック