履歴書を書く

Check Point

  1. 自分なりに丁寧に書く
  2. 一筆入魂の気持ちで書く
  3. 使いまわしはしない

履歴書は、アナタという商品を上手にアピールするカタログやパンフレットのようなものです。

黒の万年筆やボールペンを使用して、基本的なルールを守り、一文字一文字丁寧に書きましょう。

気持ちのこもった履歴書は字の上手下手の区別無く、それとなく伝わるものです。一箇所でも間違えたら修正液は使用せず、新たに書き直します。使い回しやコピーなどはもってのほかです。

せっかくの自己アピールできる書類ですから、写りの良い写真を選びましょう。まずは顔写真で面接を決める人事担当者も多いそうです。

また、記入できるところは全て記入し、少しでも印象を良くすることを心がけましょう。多くの履歴書の中で、会ってみたいと思ってもらえる魅力的なものに仕上げましょう。

3つのポイント!!

  1. 記入は黒ペンで丁寧に!
  2. 汚さない!
  3. 埋められるところは必ず記入!
履歴書記入例
  1. 自分のデータ

    日付は記入した日ではなく、ポストに投函する日あるいは持参する日を記入します。名前・住所のふりがなは「ふりがな」とあればひらがなで、「フリガナ」とあればカタカナで記入します。

    写真は3ヶ月以内に写したもので、スピード写真よりも写真館で撮ったものを使用した方が人事担当者の印象が良いようです。 はがれた場合に備えて裏側に氏名を記入します。

    住所や連絡先は都道府県からアパートの部屋番号まで省略せずに正確に記入します。
    また、留守がちで電話をすぐにとることができない場合は、電話番号欄に留守電話の有無や在宅時間なども書いておきましょう。

  2. 学歴

    最初の一行に「学歴」と書くことを忘れないでください。小中学校は名称と卒業年度のみ記入します。

    転職のための履歴書で職歴の項目が多くなり、行が不足する場合は、小・中学校に関しては省略することも可能です。高等学校・専門学校・短大・大学は、学部・学科・専攻名まで詳しく記入します。名称は略さず、入学年度も必要です。

  3. 職歴

    学歴の後に「職歴」と記入し、入社した会社をすべて記入します。社名は、(株)や(有)と略さずに、株式会社・有限会社と記入します。

    部署・役職名だけではなく、具体的な業務内容や業績もシンプルにまとめて記入すると経歴を簡単に紹介できます。アピール材料としてアルバイトやパート歴を書くことも可能です。

    そして、面接の際には必ず尋ねられる項目である退職理由も簡単に記入します。一身上の都合では理由がわかりませんので、後ろ向きではない積極的で前向きな退職理由を記入してください。現在の厳しい経済状況では、事務所閉鎖・倒産・リストラなどによる退職も立派な理由の一つとなります。

  4. 免許・資格

    応募する職種に直接関係のないものでも、持っている資格はすべて記入するようにしましょう。
    あなたの人となりや勤勉さ・向上心をアピールすることができます。
    名称は本やインターネットなどで調べて、正式名称を省略せずに記入しましょう。また、取得を目指して勉強中の資格があれば、それも記入します。

  5. 志望の動機

    履歴書で最も重要な項目です。この内容により、面接を受けることができるかどうか決まると言っても過言ではありません。これまでのあなたの経歴や志望先の情報・今後の目標などをもとにして、あなたならではの人事担当者に会ってみたいと思わせる動機を考えてください。

  6. 本人希望欄

    自分の都合を記入するのではなく、職種に対しての積極性をアピールするとプラスの評価となるでしょう。自己PRを記入する方法もあります。空白は望ましくないので、少なくとも「すべて貴社の規定に従います。」程度は記入しましょう。

  7. 印鑑

    印のマークはありませんが、名前の後に忘れずに捺印しましょう。他の人が忘れがちである分だけ、とても重要です。


ザウルスチェック