自分らしく生きることのできる再就職のために、
これまでのキャリアを整理しましょう

キャリアの棚卸をしましょう

転職や再就職の際、志望企業へまず提出することになる書類が履歴書であり職務経歴書です。
最近では、面接の前に書類選考を行う企業が多くなっています。もし人事担当者に届けられる数多くの提出書類の中で、特に会ってみたいと感じさせることのできる魅力あるものを作成することができなければ、面接にいたる前に返却されてしまうこともあります。

そこで、履歴書や職務経歴書の中で、最も人事担当者にアピールすることのできる項目の一つである志望動機や自己PRの内容がとても大切となってきます。
かといってインターネットや本の見本を丸写ししても、面接で底の浅い回答をしてしまっては逆効果にもなりかねません。やはり、本当の自分からにじみ出た熱い思いをこれまでの実績を元に表現したものこそが、説得力があり人事担当者の心に響くものであると言うことができるでしょう。
しかし、自分の言葉で表現するといってもそう簡単なことではありません。客観的で正確な自己分析が必要となります。

ですから、これまでのあなたのキャリアを思い出し、列挙して分析・整理を行うキャリアの棚卸をおすすめします。
今まで、自分がどんな職務を担当し、その際どんな問題点があり、どう解決したのか、どんな成果をあげることができたのか、その理由はどのようなものが考えられるのか、これまでの周りからの評価はどうであったか、また、それは自分の考えたものとどんな違いがあったのか、やりがいや達成感、充実感を得られた時はどんな時であったのか、等の事項をリストアップしてみてください。
そして、これまでのキャリアを見直して、整理することにより、自分の強みや特徴を把握することができるようになります。

自分自身について気づいたことを元に、志望動機と自己PRを作成しましょう

次に、自分自身の価値観を改めて認識し直します。
例えば、安定性、成長性、社会的評価、公共性、影響力、収入、意外性、国際性、プライベート、個性、秩序、権威、家族、冒険心、流行、自立心、協調性、多様性、美的追究、競争心、継続性、独自性の項目の中から優先順位の高い順に5つ選んでみてください。
その過程や選んだ項目を考えてみると、あなたがどんなことを重要視して、何に価値を感じているのかが解ってきます。そうして自分の強みや特徴と価値観を認識することにより、本当に自分のやりたいこと、できることを分析しましょう。
新しい仕事を通じて何ができるのか、何を成し遂げたいのか、どのように会社や社会に関わり貢献していくのかという明確な今後のキャリアプランやビジョンを描くことができれば理想的です。
そしていよいよ、志望動機や自己PRといった書式への記入を行います。

まず志望動機に関しては、

  1. 志望先の魅力
  2. 志望先のスタッフとなることを切望していること
  3. 志望先に対して貢献できること

の点を記入することがセオリーの一つとされています。志望先の情報を充分に収集することにより(1)と(2)を記入して、これまでに分析された自分自身のことを(3)にまとめてください。

次に自己PRについて考えます。高知の企業へのアンケートにおける、求める人材像上位3位の項目は、

  1. 積極性
  2. 人柄
  3. 健康・体力

だったそうです。

また、ハーバード大学のロバート・カッツ教授によると、マネージャーに求められる能力としては、

  1. テクニカル・スキル
  2. ヒューマン・スキル
  3. コンセプチュアル・スキル

の3項目があるそうです。

ということは、企業が求めている人材は仕事のできる人だけではなく、会社という組織の中で十分にその能力を発揮し、その組織を活性化させ、その良好なコミュニケーションに貢献することのできる人だとも言えます。

そこで、これまでにピックアップした業務に関するアピールだけではなく、趣味やボランティア活動、リーダーシップを発揮した際の経験等を交えて人間性に対するアピールを加えることによっても、より魅力ある自己PRとすることができます。

テクニカル・スキル
職務遂行能力とも言われ、その職務を遂行する上で必要となる専門的な知識や、業務処理能力を指す。
ヒューマン・スキル
対人関係能力とも言われ、職務を遂行していく上で他者との良好な関係を築く力を指す。具体的にはコミュニケーション力、ネゴシエーション力などがあげられる。
コンセプチュアル・スキル
概念化能力とも言われ、抽象的な考えや物事の大枠を理解する力を指す。具体的には論理思考力、問題解決力、応用力などがあげられる。

やりがいと充実感を感じることのできる仕事に就きましょう

現在も、就職状況は非常に厳しいものが続いていますが、自分自身の可能性と、その業務を通じて社会に貢献することができることを信じ、そのために今日できる精いっぱいの努力を続けている限り、Dreams come true(夢はきっとかなう)、あなたの活躍できるステージや、あなたらしく生きることのできる仕事はきっとみつかることでしょう。


ザウルスチェック